跡継ぎのいないお墓の手放し方【墓じまいの特徴】

深刻な後継者不足

墓じまいは最近問題となっており、ちょっとした社会問題とも言えます。墓じまいの原因はお墓を守る後継者がいなくなるということがほとんどとなっており、お墓参りの重要性を今一度考える必要があるのです。

墓じまいと永代供養の違いとそれぞれの特徴

墓じまい

墓じまいの特徴として管理が行なえなくなったお墓を撤去し、遺骨を移動させるという特徴があります。お墓参りに行けなくなった、歳を取って管理を続けるのが難しくなったという事が原因で墓じまいを行なう方が多いようです。

永大供養

永大供養の特徴は別の土地でお墓を管理、供養するという特徴を持っています。永大供養費を支払うことによって今後も供養をし続けるというサービスとなっているのです。

跡継ぎのいないお墓の手放し方【墓じまいの特徴】

墓じまいを行う必要性

墓参りがされていないお墓は雑草や汚れでひどく廃れている場合が多いです。そのお墓には亡くなった方の遺骨が納骨されている可能性もあるのにも関わらず、このような状態になっているのは故人も浮かばれません。墓じまいはこうした状況を防ぐためにも行なう必要があるのです。

墓じまいの方法

墓じまいはお墓を更地に戻し、遺骨を他の場所に移動させます。遺骨の行き先として多いのが公営墓地となっており、永大供養されるケースが多いとされているのです。永大供養の場合は最初の費用だけで管理費などが発生しないケースが多いということも特徴的になっています。

墓じまいに必要な費用の目安

墓じまいに必要な費用は遺骨をどうするかによって異なってきます。一般的には工事費用で10万円から40万円、遺骨の供養で30万円ほどかかるという目安になっているのです。しかし墓じまいを依頼する業者によっては費用を安く抑えることも出来るため、業者選びは慎重に行ないましょう。

墓じまいを行うことで得られるメリットTOP5

no.1

お墓を無縁の状態にすることが避けられる

墓じまいを行なうことのメリットとして、無縁のお墓を生み出さないように出来るという部分が大勢に選ばれています。管理できずにほったらかしの状態のお墓にせずに済むため、墓じまいを行なう方が多いのです。

no.2

今後の負担を軽減させることが出来る

お墓の管理は少なからず負担が掛かってしまうものです。こうした負担を今後継続させないようにすることが出来るのも、多くの方から墓じまいのメリットとされています。墓じまいを行なうことで自分の子供や孫の代の負担も軽減させられるため、行なう方も増えてきているのです。

no.3

維持費や管理費が減る

お墓は持っているだけで管理費が発生します。また毎月、毎年お墓を掃除するのにも費用が掛かるのです。こうした費用を墓じまいすることによって無くすことが出来るようになるため、メリットと感じる方も多いようです。

no.4

後継者問題が解決する

お墓を管理してくれる後継者がいないという問題もかなり多く起きています。こうした後継者問題も墓じまいを行なうことで解決するため、こちらも墓じまいのメリットとなっているのです。後継者不足は深刻な問題となっているのでメリットとしても大きいとされています。

no.5

故人の供養になる

墓じまいを行なった後に永大供養を行なう方も多いですが、こうした行為自体が亡くなった故人の供養に繋がるため墓じまいのメリットと言えます。墓じまいの後の供養方法はいろいろあるため、身内で相談して決めましょう。

広告募集中