任意売却のメリット

住宅ローンを滞納し、そのまま返済ができなくなった場合には、任意売却をするのがお勧めです。この任意売却は、一般的な不動産の相場とほぼ同じ価格で取引をしてもらえるのがメリットです。滞納を続けたままにしておくと家は競売にかけられてしまい、市場価格よりもはるかに安い価格で買い取られるため、残債の返済が苦しくなります。しかも競売だとこちらの言い分はなかなか通らず、デメリットが大きいからです。 では、どこに相談するべきでしょうか。まず任意売却に詳しい弁護士や司法書士に相談してみるのがいいでしょう。また、専門の任意売却業者に頼むという方法もあります。業者はネットで検索すると色々出て来ますので、自分の住んでいる地域の業者や、自分に合った業者をその中から選ぶといいでしょう。中には無料相談を行っている所もあります。

任意売却のメリットとしては、まず債権者に相談して、ある程度こちらの希望を聞いてもらえる点が挙げられます。たとえば返済方法や、転居の時期などに関する点です。また、転居の費用なども手元に置いておくことができますし、賃貸物件を紹介してもらうことも可能です。また競売だと、裁判所で公示がされ、その事実が知られてしまいますが、任意売却の場合はそのようなこともありません。 しかし、やはり気を付けておきたいことはあります。たとえば、業者によっては転居台を多く出すと言って、その実不利な契約をする悪徳な業者もいます。また、売却後の返済は必要ないと持ちかける業者もいますが、そのようなことはありませんので、あまりに都合のいい話を出された時には注意しましょう。また、売却してもいわゆるブラックリストには残りますので、その点も留意しておいてください。