再スタートをきる

できれば離婚後の再スタートは気持ちよく切りたいものです。そのためには、やはり金銭的にも余裕があったほうがいいはずです。相手の不倫や暴力を受けていたのであれば、それなりの慰謝料を受け取って新しい人生を切り開いていきたいものです。 配偶者の不倫や暴力などは有責行為とよばれ、離婚する際に慰謝料を請求できます。有責行為によって受けた精神的苦痛に対する損害賠償金です。 しかし相手が素直に有責行為を認めるかと言えば、そうとは言えないでしょう。できれば賠償金も払いたくでしょうから交渉は難航するかもしれません。法廷の場で争われることもあります。少しでも有利に慰謝料の話を進めるために、証拠を集めておくといいでしょう。

例えば不倫による慰謝料請求する場合は不倫を証明する証拠が必要です。一番確実なものは、性行為に及んでいる写真や映像です。しかしこれを撮影するのはなかなか難しいでしょう。不倫相手とのメールは証拠としては弱いものです。交際を証明できても、性行為があったことは立証できません。だからと言ってあきらめる必要はありません。そういったメールや、ホテルの領収書、カーナビの記録などを積み重ねることで慰謝料を獲得できることがあります。又、精神的苦痛を証明できるものとして、心療内科を受診したのであれば診断書などをつけるといいでしょう。 離婚による慰謝料を確実なものにするには、弁護士に依頼するほうがいいでしょう。何を揃えたらいいのかわかりますし、慰謝料の額も算定してもらえます。離婚協議書の作成なども一緒に依頼すれば、より安心できるでしょう。